原付2種で行こう!

- 2児のパパのまったりバイクライフ -

不安な両面テープにさようなら、プラリペアで固定せよ

f:id:rinrico:20210412162533j:plain

衝撃の初テスト

先日取り付けたスマホホルダー(CLIQR)ですが、実はその後があります。 

rinrico.hatenablog.com

マウント位置を確定して増し締めする前にテストをしてみたのですが、実にあっさりと剥がれました。

 

バリッ ・・・

・・・

・・・・・・

 

「は?(うせやろ?)」

f:id:rinrico:20210412163739j:plain 

「いやいやいや、マジでありえないから、いくらなんでも脆すぎだから・・・こんなん商品になってないし、絶対何かの間違い」

 

原因と対策

まずamazonのレビューでも実は剥がれるというレビューは少なからずありました。

「でも自分は大丈夫だろう」という正常性バイアスがかかっていたんでしょう、普通に購入。

 

次に貼ったソフトケースの素材がTPUというもので、これがそもそも(強力タイプとはいえ)両面テープとは相性が悪い(らしい)。

貼った時は割とガッチリついていたように感じたのですが、素材が柔らかいのか捻ると剥がれやすくなっているようです。

 

そして全部英語の説明書には、接着後は24時間経過させると小さく書いてありました。(ガン無視)

まぁこれが24時間経過させた後でもあっさり剥がれたと思いますが。

 

とりあえずソフトケース(TPU)が原因なのは間違いなさそうなので、ハードケース(ポリカーボネート)に変えることは必須だと思います。

とにかくポリカーボネート製ならなんでも良いので、amazonで安いのを購入。

 

なんとか生かしたい

一度剥がれたマウントアダプターは粘着力の問題から再利用不可とのこと。

貴重なマウントアダプターが秒で死亡は悲しすぎます。(分ですね。盛りました)

 

ハードケースが到着しましたが、貴重な残り1つのマウントアダプターを貼ってしまっていいのか悩みます。(スマホを変えた時の為に温存しておきたい)

 

f:id:rinrico:20210412171052j:plain

ちなみに同梱のアダプターはこんな感じ。

別売りのオプションで接着面が大きい大型のアダプタもあるのですが、これが1,389円とそこそこします。

SPコネクトとかのマウントケースに比べたらお値段1/3ですが、結局両面テープで固定という不安要素から逃れられない訳で、 そう考えるとこの金額が微妙に思える・・・

 

f:id:rinrico:20210412171034j:plain

そこで死亡したアダプタをなんとか生かすべく、両面テープという道は捨ててより強力な方法で接着する方法を探りました。

 

もはや両面テープでは手ぬるい、接着剤も微妙・・・ならこれだ

プラリペア」とは・・・・

プラリペアは、粉と液を必要量だけ混ぜて使う、2種混合タイプの造形補修剤です。

割れたり、欠けたり、また欠けてなくなってしまった部分の再生、FRP繊維などを使って部品の強化、ネジ山の再生も簡単にできてしまいます。

だから、プラリペアは厳密に言うと接着剤ではありません。
もちろん接着効果もありますが、ただくっ付けるわけではなく、折れたり、割れたりした部分を溶着(溶かして固める)補修します。

プラリペア自身も固まると樹脂になります(アクリル樹脂になる)。
ですから、欠けてなくなってしまった部分も再生復活させるという普通の接着剤では不可能なことも出来るわけです。

つまり、プラリペアとは単なる接着剤ではなくて、「造形補修剤」なんですね。

造形補修剤プラリペアのサイト!

 

・・・なんか凄そう。

 

作業は精神集中。

写真を撮る余裕などは全くなかったので、詳しい作業は動画を参照ください。

youtu.be

匂いは結構強烈ですが、嫌な匂いではないです。(個人の感想です)

ガチガチに固めて二度と剥がれないようにしたかったのでモリモリに盛ったのですが、密着時に結構はみ出てしまいました。

なのでスマホケースの見た目は最悪です。

まぁマウント時には裏で見えないので(゚ε゚)キニシナイ!!

 

マウントテスト

何度か設置と取り外しを繰り返しましたが、今のところ剥がれる様子は見えません。

ハードケースにストラップホルダーがあったので一応命綱は付けていますが、多分大丈夫でしょう。

amazonで1,170円だったので大型のマウントアダプター買うより安くあがりました。

 

今回まさかここまでやるとは思いませんでしたが、これでスマホマウントは安心です。多分。

CLIQRはコンパクトで目立たず設置させたいことのみ優先するならお薦めですが、両面テープでのマウントに不安を覚える方は避けた方が良いかもしれません。

 

やってしまった・・・春の交通安全運動に散る

f:id:rinrico:20210411162848j:plain

その時キップが切られた

「人間のドラマ、それが歴史だという人がいます。その人間ドラマの決定的瞬間、決断の時、決行の時、人は何を考え、どう動いたのか、このブログはその瞬間瞬間を取り上げます……」

 

実は嫌な予感がしていた

春の交通安安全運動は4/6(火)~4/15(木)までの10日間。

街中に警察官がうようよ出ていたのは知っていましたし、この期間内はできるだけ乗るのは避けようと思ってたんですよね。

何故バイクに乗ってしまったかというと、急遽ある配線処理のパーツが欲しくなりヨドバシ.com(結構バイク関連の商品もありお薦めです)では売り切れ、amazonは在庫ありましたがあわせ買い対象、少し遠方でしたがNAPSさんで”1点だけ”在庫があるということで運転してしまいました。

あわせ買いの無駄なお金をケチったこと、”在庫1点”ってのが死亡フラグになってしまったと思います。

 

遠のくゴールド免許

納車してから2回目の運転、二輪の免許取ってから半年も経ってないので運転も引き締まってた筈なんですが、条件反射というか・・・ナビが左折を指示し、吸い込まれるように黄色車線で進路変更してしまいました。

車だと変更にはまず不可能な距離間ですが、バイクだとスーッと行けてしまうので注意しないとですね。

 

内容は「進路変更禁止違反」。

点数1点、反則金6,000円です。

ビックリしたのは125ccは原付2種で反則金も原付扱いだと思ってたのですが、普通二輪扱いとのこと。

 

紛らわしすぎるバイクの扱い

道路交通法 (反則金はこっちが適用)

原付     50cc以下

普通二輪   50cc~400cc ←モンキー125はココ

大型二輪   400cc以上

 

道路運用車両法

原付1種   50cc以下

原付2種   125cc以下 ←モンキー125はココ

軽二輪    125cc~250cc

小型二輪   250cc以上

 

キップ切った警察官もその場で回答できなくて調べてましたが、紛らわしすぎでしょコレ。

原付って付いているのに普通二輪とか、250cc以上なのに小型二輪とか・・・

原付2種はいろいろ恩恵が多いですが、ここは残念です。

普通二輪って言われても全然ピンときません。

 

amazonの2,000円のあわせ買いをケチって6,000円の罰金・・・とりあえず安全運動期間内はバイク乗るのやめようと思います。

あまりバイクのことばかり集中してると、そろそろ家族の視線も・・・

 

とにかく目立たないスマホホルダーが欲しいならマジお薦め! CLIQR

f:id:rinrico:20210410211858j:plain

とにかく目立たないスマホホルダーが欲しいッ!

そんなあなたにはOXFORDの「CLIQR」。

USB電源にはとにかくコンパクトな点に重点を置いて選びましたが、スマホホルダーも同様です。

いかに目立たず、美しく、ハンドル周りをゴチャゴチャさせないように取り付けるにはどれがいいのか?

USB電源は割とすぐに決まってましたが、こっちはかなり迷いました。

これに至った理由を説明していきます。

 

四天王

まずはとにかく美しく取り付けたいならいわゆるRAMマウントのようなタイプではなく、SPコネクトQUAD ROCKRECマウント、そしてCLIQRの4つの中から選ぶ形になると思います。

実際、自分もこの中から最終的に購入を決断するまでかなり迷いました。

ただRAMマウントのようなタイプもamazonなどでコスパに優れた安価なものが多く、とりあえず付けることのみが条件だったら全然アリな選択だと思いますが。

 

www.youtube.com

「ククク……。奴は四天王の中でも最弱。」

「国内向けWEBサイトがないとは四天王の面汚しよ…」

 

という声が聞こえてきそうなCLIQRですが、4つの中では唯一国内向けのwebサイトがなく(探したけど見つからなかった)、amazonYoutubeで情報は拾えますがあまりレビューがありません。

ただ4つの中では最もコンパクトで取り付けが目立たないのとこの中では一番安価で手頃感はあります。

というか、他のがバカ高い。

特にSPコネクトとQUAD ROCKは高すぎます。

RECマウントはQUAD ROCKとほぼ同じような商品ながら、少しお値打ち感もありますが。

最終的にはRECマウントと迷いました。

 

マウント方法の選択

各社似たような構成ですが、バイク用のだとハンドル、ミラー、ステムホール、ハンドルアッパー部の取り付けるものがラインナップされてます。

自分は自転車にも取り外せて使いたいと思っていたので、バイク専用のマウント方法は避けハンドル部に取り付けるので行こうと思ってました。

買ったのはOX850というハンドルバーにマンウトするタイプです。

ま、こんなこと書いてますが多分取り付けたらバイクにそのままだと思いますけど・・・

 

マウント専用ケースがない

CLIQRはスマホの機種ごとに専用のマウントケースがない、いわゆる強力な両面テープで接着するタイプになってます。

安い理由はこの辺にあるような気もします。

万一の為ストラップなどの命綱は必須ですが、バカ高い専用のマウトケースを買う必要がなく、テープさえ貼れれば端末を選ばない汎用性の高いモノになっているので、android系のスマホを使っている人にはいいかもしれません。

 

バイク用に向いているスマートフォン

両面テープを本体直に貼る度胸はないので、ケースに貼る形となります。

自分はスマホ買ったときに同梱でついてきたソフトケースに貼りました。

 

またこれは持論ですが、スマホはバイクのナビ専用にサブ端末とか、安いのを別に持った方が良いような気がします。

振動吸収ダンパーなど一部対策品もありますが、振動でカメラが壊れたりするらしいのであまり高いのは勿体ないかなと。

lp.quadlockjapan.com

中華スマホとか安い上にナビが見やすい大画面、ピーカンでも明るい有機EL液晶採用の端末も多いのでお薦めです。

自分がCLIQR選んだ理由はコレです。

専用のマウントケースがないandroidスマホを使ってるから。

他の製品がケースは別売りというのに対し、コイツはマウントアダプターが2個ついてくるので、マウント+ケースでこの値段と考えればかなりコスパも良いんじゃないでしょうか。 

iphoneとか使っているならバッテリーが消耗した昔の端末に再び活躍の場を与えてもいいですし、USB電源で常に給電するのでバッテリーが劣化してても大丈夫かと思います。

 

取り付け後

f:id:rinrico:20210411001836j:plain

かなり目立たない形のマウント。

写真は訳あってUSB電源を取り外した 状態になっていますが・・(今後の伏線です)

 

ツーリングの必須アイテム!USB電源の取り付け

f:id:rinrico:20210410162745j:plain

バイク乗りには必須のアクセサリ。

最近ではスクーターとか標準で採用されているバイクも増えてきましたが、未だに新型でも採用されていない車種もある謎な装備。

今時バイク乗りならほぼないと話にならない装備だと思うですが。

標準装備でないならまだ純正オプションで用意してくれてればいいものの、モンキー125にはそれもなし。

 

スマートに取り付けたい・・・ならコレだ!

ないなら社外品を付けるしかないのですが、結構いろいろなタイプのものが出ています。

自分が選んだのはコレ。

デイトナのスレンダーUSB(タイプC)。

www.daytona.co.jp

同商品でタイプAのものも出ていますが、コンパクトなタイプCを採用したことにより、さらにスリムになっています。

【サイズ】※タイプA → タイプC

幅 14mm → 11mm

縦 65mm → 52mm

横 61mm → 52mm

幅はともかく、縦横約1cmもコンパクトになっているので目立たない!

メインキー連動で給電するのもバッテリー上がりの心配がなくて良いっすね。

 

あと純正信者の私には嬉しい、社外品のロゴがないのも地味にポイントが高いかも。

スマホdocomoロゴなどもそうですが、ロゴで主張されるのがあまり好きでないのです)

とにかく目立たなく取り付けたいと思ってる人にはマジお薦めです。

 

何処に取り付けるか

f:id:rinrico:20210410170719j:plain

あまりスマホとの距離をあけて長いケーブルを繋ぎたくないので、取り付け位置はスマホの隣にします。

純正ハンドルだとポイントの選択肢は3つ。

 

まずセンターのハンドルアッパー部。

スマホの位置だけ考えるならかなり良い位置ですが、この商品。

左右のハンドルの隙間に入れて目立たなくしてナンボだと思うので、ココだと後付け感が目立って仕方ない。

 

次に右のハンドルですが、ブレーキのリザーバータンクが邪魔でスマホを繋ぐのも難しそう。

という訳で、左ハンドル部に決まりです。

モンキー125はハンドルスイッチとクラッチレバーのブラケットの間の幅が11mmより少ないので右に少し移動させます。

ただでさえ見ずらいミラーが更に見づらくなるのは嫌ですが・・・

 

初心者にも出来た! 誰でも簡単に取り付け可能。

f:id:rinrico:20210410174928j:plain

自分は整備手帳を入手して分解とかの作業はできませんが、取り扱い説明書に載っているレベルの作業はできる初心者です。

前のバイクもオイル交換、チェーンの調整くらいはやってました。

その程度の腕でも全然イケます。

f:id:rinrico:20210410175559j:plain

工具も本体を繋ぐ時の六角(付属してます)と、アース線(自分はココから取りました)を繋ぐボルトを外すレンチがあればできます。

Youtubeにいくらでもやり方の動画が上がっているので、手応え感を得られた方は是非DIYをお薦めします。

 

ただし罠あり

f:id:rinrico:20210410180204j:plain

モンキー125は結構人気のあるバイクなのでYoutubeに上がってる動画も豊富です。

USB電源の取り付け動画もわかりやすく非常に参考になるものがあるのですが、罠(と、自分が思ってるだけかもしれんが)があります。

ブレーキから分岐させてプラスの電源を取る説明のシーンですが、動画ではモンキーが正面に映っている映像に対して「(二つあるコードのうち)奥の方」と説明しています。

「”何に対して”奥の位置」と説明がないので、自分は普通に後輪側のコードを抜いてしまいました。

実際は手前(前輪側)が正解です。

テスターなどがないので、こういうところはネットで情報を得てからの作業になるのですが、運転時の目線からいくと奥はフロント側になるので前輪側、つまり動画の説明で合っているんですよね・・・

 

要チェックや!

無事に取り付けが終わったら動作確認。

キーオンでスマホの充電開始、ブレーキレバーで後方のランプの点灯を確認して終了です・・・と、思いきや、

 

さすがamazon!他で売っていないモノを平然と売っているッ!そこにシビれる、あこがれるゥ!

f:id:rinrico:20210410185856j:plain

何も考えずにコンパクトってだけでコレ選んでしまいましたが、スマホ側の端子はタイプC。

そういやタイプC同士のケーブルって持ってないな・・・テストのしようがない。

「こんなん、100均にあるやろ」と思い近所のダイソーとキャンドゥに行きましたが、何処にもない。

変換コネクタもない。

調べたらダイソーに商品自体は存在するようですが、数店舗に電話しても在庫が全然見つかりませんでした。

 

仕方ないのでamazon様。

短い長さの15cmのC-Cケーブルがあったので、こっちのがよかったです。

このサイズのケーブルはなかなか無いので、100均で買えなくてよかった。

 

これでスマホの充電も確認完了。

これでロンツーも楽勝だな! 

 

ボディカバーに求めるもの

f:id:rinrico:20210405171838j:plain

防犯対策第二弾、ボディカバー。

マンション住まいのバイク乗りとして、現実的な選択肢はコレでしょう。

一概にバイクカバーといっても、100均ショップで売っているものから何万円もする高級カバーまで様々です。

どれを選べば良いのか、まずはバイクカバーに求めるものを羅列してみました。

 

・防水性能 ⇔ 通気性能

・重さ ⇔ 軽さ

・耐熱性能

・生地

・値段

 

防水性能は大事ですが、通気性と相反します。

完全に水を通さない生地だと逆に湿気が抜けずに錆るそうな。

重量も重いと扱いが大変ですが、軽いと逆に風で飛んでいきそうで、こちらもどちらを取るかでまるで変ってきます。

この2点は相反するので、どちらを優先するかですね。

 

耐熱性に関してはモンキーはマフラーも全然熱くならないしすぐにかけても大丈夫そうだけど、夏の炎天下に生地がどこまで耐えれるのか。

生地はカバーに防犯対策以上のモノを求めている場合には拘りたいですね。

 

最後に値段ですが、結構ピンキリ。

amazonなどで人気があるのは3~4千円台のコスパ重視モデルですが、高級カバーは「マジで? ありえん」って感じの値付けをしてます。 

単純に性能が値段に比例していればいいのですが、あまり比較する機会もないので難しいですね。

 

自分は防犯対策以外にもボディのコンディション維持にも拘りたい。

結構迷いましたが、考えた末に私が選んだモノは・・・

 

完全防水! レインプロテクト。

f:id:rinrico:20210405171827j:plain

ユニカー工業株式会社 商品一覧

怪しげなパッケージ、このロゴと色使い。
(ドンキとかで売ってそうな)漂うドンキ臭。

 

選んだ理由は裏起毛の生地で一番安そうだから・・・

定価は結構しますが、amazonだと6千円台中盤で売ってます。

自分の中では十分高級品カバーの扱い。

 

ネットの評判は悪くないけど、レビュー数が少なすぎてイマイチ情報が収集できなかったので、ポチった時は結構賭けでした。

 

ズシリとくる重量感

重量1980g

生地はポリエステル100%の不織布で、同サイズのカバーの2~3倍の重さがあります。

これなら風で飛んでいくことはなさそうですが、これを乗る度にかけるのか・・と思うと気が滅入る。

チェーンロックの鍵穴、バックルベルトなどの機能は付いてます。

あとは商品名からも連想できますが、「完全防水」らしい。

通気性のこともあるのでココは正直あんまし重視してなかったんですが、ユニクロのブロックテックみたいに縫い目にはシーリング加工も施してあるので、気密性は高いんでしょう。

防水性能重視の人には良いカバーだと思います。

 

手に取った感じ明らかに安モンのカバーとはモノが違うので、自分はこの品質でこの値段ならアリだなと思いました。

どれくらいもつのかまだわかりませんが、買ってよかったです。

 

モンキー125用のサイズはコレだ!

f:id:rinrico:20210407234045j:plain
実はコレ、一度買い直しております。

メーカーの適合表の情報が古すぎてモンキー125が載ってないので、バイクのサイズ(1710/755/1030)からSサイズ(1900/950/1200)を選びましたが、これが大失敗。

無理やりかければ被りますが、パッツンパッツンで明らかなミスサイズ。

 

品質には満足してたので、Mサイズを買い直しました。

このカバーでモンキー125のベストサイズはMです。

MとLはそんなにサイズの差がないのに、SとM間が結構あるのが謎。

 

無駄になったSサイズのは自転車用にでもしようかなと。

 

 

チェーンロックでバイクを守る

f:id:rinrico:20210405211321j:plain

納車前に買い揃えたモノを紹介していきます。

まずはチェーンロック。

amazonサイバーマンデーで買ったので、届いてから結構経ってます。

 

購入したのはヤマハのチェーンロック タフロック「YL-01」。

f:id:rinrico:20210405213253j:plain

YL-01 チェーンロック | ヤマハ発動機グループ ワイズギア

 

前にも防犯対策は検討しましたが、幸い駐車スペースに地球ロックできる場所があったのでチェーンロックにすることに。

rinrico.hatenablog.com

モンキー乗っててヤマハなんかい・・って思いますが、安ければなんでもいいのです。

1万円は出したくないなぁと思ってたので即決。

購入履歴みたら7,800円くらいで買ってました。

 

太さは10mmだと簡単に切られる・・と、どこかのブログで見たような気がするので、12mmのものにしました。

 

使用感としてはこれが初めてのチェーンロックということでよくわかっとらんというのが正直なところですが、とりあえずモンキーのホイールを通せてよかったなと。

ただバイクカバーの穴を通すので、ホイールに傷をつけないようかなり慎重に通しています。

 

f:id:rinrico:20210405214926j:plain

デイトナ バイク用 盗難抑止ロック チェーンロック 2.0M ストロンガーチェーンロック&コンパクトディスクロックセット

 

ほぼ即決だったのであまり比較はしてなかったのですが、デイトナのこっちのだと鍵もディスクロック兼用でいいじゃんかと。

鍵はジャラジャラとあまり増やしたくないんですよね。

 

自宅用保管用の対策はコレでいいとして、外向け用の対策も考えないと・・ですが、 今のところディスクロックが濃厚です。


納車

f:id:rinrico:20210404083700j:plain

ついにこの日がやってきました。

メールと電話のやりとりのみでお店に行くのは今回が初めてです。

電車で2時間、10時の開店を目指し朝早くに電車に乗り込みました。

 

ご対面。

f:id:rinrico:20210404090028j:plain

店に入るとありました。

うぉぉ・・新車のモンキー! だが、俺のはコレじゃない。

・・・頼む、コレを売ってくれ。

いいねぇ、モンキー。売り物なんですかね。

 

f:id:rinrico:20210404090323j:plain

支払いはPayPayで。

一通り納車の説明を受けてから支払いです。男の一括払い。

今回はPayPayで支払いました。

毎日コンビニでコーヒー買ってるので、+0.5%条件の50回利用はなんとか行きます。

これでポイント1%

クレカが使えないので、この支払金額で1%はそこそこでかいです。

 

見積り時より少し金額が上がってしまったのですが、それはホンダの盗難補償の内容が改訂されたから。

www.honda.co.jp

2年補償で500円ほど上がりましたが、2年目の保証が95%に上がったからだそうな。

これは良改訂じゃないですかね。

 

気になる支払額は諸費用込みで38万を切りました。

私の場合は今回自賠責が引き継ぎなのでかかってませんが、それを含めてもかなり安いと思います。

他の店でモンキー125(ABSなし)の見積りで、ABSモデルが買えてしまうくらい・・・

お店の評判もよかったのでお薦めです。

(この後の内容をみればすぐに店はわかると思いますが・・・)

 

その場でコーティング

お店の方に事前に相談していたので、納車直後にスペースを借りてコーティング作業(持ち込み)を行います。

ボディのコンディションを維持する為、車に乗っていた時もかけていたのですが、コーティングはやろうと思っていました。

走る前の納車時に施工するのがベストかなと。

天気は曇り、風も微弱、黄砂も今日は飛んでいないの作業には向いていると思います。

 

ホンダドリーム系でも「AQuly」なるコーティングの取り扱いがあるのですが、施工料金はともかくガラスコーティングと言っても樹脂系です。

いわゆる「ガラス”系”コーティング」といわれるもので、できれば「系」ではないものをかけたいなと。

ディーラー系ではないバイクショップだと、他に「CR-1」というものもあるのですが、こっちは本物のガラスコーティングなのか施工料金がバカ高い。

 

自分はネットで評判のよかったピカピカレインというものを購入。

www.youtube.com

 

コーティングの知識もそこまで詳しくありませんが、ピカピカレインは正真正銘ガラスコーティングとのこと。

そこそこ値段はしますが、CR-1の施工料金を見ると安く思えてしまう不思議。

丁度バイク用の小瓶タイプのものもあるので、試してみました。

f:id:rinrico:20210404092554j:plain

施工の動画とはやり方が異なりますが、自分は付属のマイクロファイバータオルの他にメガネ用の目の細かいクロスで最終的な仕上げを行いました。

付属のスポンジで塗り込み→マイクロファーバータオル(拭きあげ)→メガネクロス(仕上げ)

 

色々な角度から拭きムラを確認しながら作業するのが手間なので、目の細かいクロスでとにかく拭いてしまえという考えです。

f:id:rinrico:20210404092607j:plain

モンキー125はシートとサイドカバーを外せば施工性があがります。

ガラスとゴムの素材以外は施工可能とのことなので、樹脂パーツにも施工できます。

車に乗っていた時も樹脂パーツは年数経過で白色に劣化したので、施工しておけば黒々とした艶を保ってくれるかもしれません。

 

案内には大型バイク1台分(小型なら2回分施工可能?)との案内がありましたが、なんと使い切るどころか足りなくなってしまいました。

ボディの主要な部分は全てかけ終えたのですが、けっこうドバドバとスポンジにぶっかけてたからなぁ・・途中で便の容量を確認しながら作業すればよかった。

 

主要な部分はほぼ施工できたのですが、ホイール部分のみ残して尽きました。

余ったらメットとかにも施工したかったんですけどね。

フェンダーの裏とか、ナンバープレートとか割とどうでもいい部分を先に施工してしまったのも敗因かと。

ホイール施工したかったなぁ・・・

 

後から知ったのですが、このお店もCR-1の施工店ということで申し訳ないことをしました。

店のサービスを無視して持ち込み作業は結構失礼かなと。

快く場所を提供していただいたお店には感謝です。

 

そして撮影タイム

f:id:rinrico:20210404101029j:plain2時間程度の施工を終え、やっと初走行です。

お店の近くでの撮影スポットに「千葉フォルニア」があったので行ってみました。

有名スポットなので、車やらバイクやら多くの人が撮影していました。

ここで事前に用意してた撮影用のナンバープレートが役立ちます。

rinrico.hatenablog.com

 

f:id:rinrico:20210404101624j:plain

f:id:rinrico:20210404101612j:plain

f:id:rinrico:20210404101703j:plain

f:id:rinrico:20210404101733j:plain

コーティングの艶いかがでしょうか? 

モンキー125はメッキパーツ多いから、キモ顔が映ってしまうので撮影が難しい!

 

納車を終えて

帰りは100キロ程度の距離を帰ってきました。

納車直後にそこそこの距離のツーリング。

新車購入の特権(?)、慣らし運転をしながら回転数をあげないように帰ってきました。

「慣らし運転」、良い響きだ。

新車点検時までにそこそこの距離を走っておければ良いのですが。

 

f:id:rinrico:20210404101911j:plain

f:id:rinrico:20210404101847j:plain

撮影用ナンバーの為に購入したマグネットの余り2個をオイルのドレンボルトに貼り付けておきました。

100均商品だけど磁力はかなり強力です。

 

メーカーが採用していないので効果は不明のオカルトチューンかもしれませんが、ネットで鉄粉が山盛りの写真がインパクトあったので付けてみました。

モンキー125はオイルフィルターがないそうなので効果はあるかもしれません。

オイル交換が楽しみですね。